私が酵素を飲まなくなった理由

人間の体内にある酵素は、生まれたときにその数が決定しており、年齢とともに減少していきます。

その数は変わることがなく、食事から酵素を摂取したとしても、体内の酵素数が増えるわけでもありません。

年齢と共に減少していく栄養素は、積極的に食事などから摂取する必要があります。

それでは、なぜ生野菜やグリーンスムージーなどを飲むと代謝が良くなると言われているのかというと、それらが食べたものの消化を助けるからです。

消化をするということはとても重要であり、いくら栄養たっぷりなものを食べても、消化をしきれなければ栄養として体内に吸収されません。

それどころか、消化しきれなかったものは老廃物として体内に残り、便秘の原因となったり、体に悪いものとなってしまいます。

生野菜やグリーンスムージー、酵素ドリンクやサプリなどは、消化を助ける効果があるので、その結果として体内の酵素が節約されて、代謝が上がったり、免疫力が向上したり、ダイエットや美肌など、さまざまな体に良い効果があらわれるようです。

 

201699

 

このように、酵素は健康にとてもよいものなのですが、若い人にはそれほど効果が実感できない傾向があります。

運動をしっかりとして、消化に悪いものをたくさん食べたりせず、健康管理にしっかりと気をつけていれば、若い人はわざわざサプリメントなどを飲まなくても十分健康を維持することができます。

私が飲まなくなった理由も、20代の私にはまだ必要がないと判断したからです。

もし以上の内容を読んでもやはり酵素を試してみたいのであれば、1番流行りの酵素から始めてみると結果がわかりやすいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です